会社名(商号)について

会社名に使用できる文字

会社名に使える文字は、次のとおりです。
漢字 ひらがな カタカナ ローマ字(小文字・大文字)
アラビア数字(0 1 2 3 4 5 6 7 8 9)
一定の符号 「&」「’」「,」「-」「.」「・」
そして必ず「株式会社」という文字を社名の前後のどちらかにつけて記述して下さい。

類似商号調査

同じ会社名がすでに登録されていないかを調べることを類似商号調査といいます。
平成18年4月30日までは、既に他人が登記している会社名は、同一市町村内で同一の営業目的の会社は、同一の商号若しくは、それと類似する商号は登記できませんでした。

しかし、平成18年5月1日に施行された新会社法ではこの規定がなくなりました。
ですからあなたが考えている会社名がもし既に同一地区町村にあったとしても登記することは可能です。
ただ、あなたの会社を設置しようとしている同一住所に、同じ商号の会社がある場合は登記することはできません。

そのように、以前より法律は緩和されたのですが、類似商号の調査はやはりしておく事をオススメします。
それは、もしあなたに悪意はなかったとしても、既に近くで類似の商号・同一の事業を営んでいる会社がある場合は不正の目的によって商号を使用したとして、損害賠償・商号使用の差し止め請求をされる可能性が全くないとは言いきれません。特に有名な名前の会社名(その地域で有名な会社も含む)を使用する場合はより注意です。
ですからあえて同じ商号や類似の商号を使用するリスクをおかすのはオススメいたしません。

←「」前の記事へ 

メール

メール受付は365日24時間

電話
054-374-4811
電話受付:平日9:00~18:00

Copyright(c) 2011 行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
WBS produced by Sakura Legal Office 相互リンク