合同会社(LLC)とは

アメリカなどでは既に株式会社に匹敵するくらいに利用されているのがLLC(Limited Liability Company)と呼ばれる会社組織です。
簡単に言うと株式会社が「物」を主体に考える会社とすると、合同会社は「人」を主体に考える会社という事です。

株式会社ではお金を出した(出資した)割合によって会社の利益が配当されます。
昨今のビジネスは物(お金)よりも『人』が利益を生んでいるのではないか?という考えが出てきました。
人が有する知識やノウハウ・技術こそが利益を生んでいるという考え方です。
『必ずしも物(お金)を出した人だけが利益を享受するのではなく、知識・ノウハウ・技術を提供している人も利益を受け取る仕組みを持った会社があってもいいのではないか。』という思想からLLCが生まれました。

ですから、日本版LLCと呼ばれる合同会社でも、出資を多くした人だけが配当を多く受けるという形を取らないことも出来ます。
たとえば、お金は少ししか出資していないけれども(極端な話、1円しか出資していなくても)、優秀な技術者であるその人がいればこそ会社の利益が生まれるという人材がいれば、定款によってその人に多くの利益配当の権利を付することも可能になります。

いわゆる「定款自治」と呼ばれるもので、法律に縛られるのではなく、そこの会社で利益に関する規定さえも柔軟に設計できる会社制度です。

お金は持っていないけど能力を持つ『人』と、お金を出せる『企業』が共同で合同会社を設立するという事例が多く出てくると考えられます。

従来であれば、多くお金を出した企業だけが会社の所有者であり会社を自由にし、利益を享受していたのですが、お金を出した企業と能力を提供した人が対等な立場で会社を経営できることになります。

合同会社(LLC)に向いている事業は?

  1. 高度サービス産業における専門人材の集合体
    プログラマー、デザイナー、セキュリティー、営業の専門人材によるソフトウェアの共同開発販売
  2. ジョイントベンチャー
    大手メーカーと専門技術を持つベンチャー企業による共同開発
  3. 中小企業の連携
    技術力を持つ中小企業が集まり、新製品の開発する場合
  4. 産学連携
    製薬会社とその分野を専門にする大学教授による新薬の共同開発事業

合同会社(LLC)より株式会社の方がいい点は?

なんと言っても、その知名度です。
欧米では、メジャーな存在である、LLC(合同会社)も日本では始まったばかりの制度です。
当然一般の方の認知度もまだ低いものとなっています。

それをチャンスと捕らえるか、一般の方に浸透するまでは株式会社の信用力をとるのかといった観点で法人形態を考えるのもいいかもしれません。
やはりまだまだ合同会社よりは株式会社の方が知名度が高く、信用力も高いという考え方が多いです。

 設立にかかる費用

株式会社と合同会社の違う点としては設立にかかる費用があります。
合同会社は定款を作成しても、公証人による認証が不要であるため、総費用で安く設立することができます。
※資本金や専門家への報酬は入れておりません。

株式会社 LLC(合同会社)
定款に貼る印紙代 電子定款により0円 電子定款により0円
公証人の手数料 5万円 不要
謄本交付手数料 約2,000円 0円
登録免許税 15万円 6万円
合計 20万2千円 6万円

※株式会社・LLC共に、電子定款認証を利用すると印紙代4万円が不要になります。
ご自身でお手続きされる場合(紙の定款の場合)には、4万円分の印紙が必要になります。
つまり、LLCの設立費用(実費)はわずかに6万円ということになります。