会社の印鑑を作成しよう

とってもお得な印鑑作成代行サービス

※ご希望通りのお好きなご印鑑を幣所にて手配するお得なサービス!
(印鑑代実費のみでOK。代行手数料は無料です)
提携の印鑑サイトのURLをお知らせいたしますので、お客様がご自分で、そのサイトをご覧いただき、希望商品を選んでお知らせ下さい。
幣所から注文する事によって、通常価格より25%引になりますし、作成書類への押印郵送や必要日数も短縮できる等々、お客様の手間をかなり省く事が可能になります。

他の設立事務所はここでも手数料を頂いているようですが、幣所は1円の利益も頂いておりません。お忙しい方のお手間をただ減らして差し上げたいというあくまでサービスの一貫です。是非ご利用下さい。
またとってもお得ですので、事務作業に必ず必要になるであろう、便利なゴム印やスタンプも一緒に注文OKです。

印鑑の基礎知識

商号が決まり、問題なくその商号が使える事がわかったら、会社の印鑑をつくりましょう。
会社印は、一般的に次の3点セットを用意する方が多いようです。


代表者印(会社の実印)
代表者印の画像

会社を設立するときには絶対これだけは、作らなければなりません。
これは会社の実印と呼ばれるもので、登記所(法務局)へ登記申請書類と一緒に届出をします。
これにより、会社の実印が登録されます。
契約書を交わしたりする時に、押す印鑑です。複数名の代表者がいる場合はそれぞれが所持します。

会社印の大きさは1辺が1cm~3cmの正方形に収まらなくてはなりません。円周には会社名、真ん中には役職名(代表取締役)などの文字が入ります。

銀行印
銀行印の画像

銀行に会社の法人口座を開設する時や銀行取引に使用する印鑑です。
「会社代表者印」で兼ねることもできますが、社外に持ち出すなど万が一紛失すると大変ですので、できれば「会社代表者印」とは別に「銀行印」が好ましいといえます。

円周には会社名を入れ、真ん中には『代表取締役』『銀行之印』『経理之印』などの文字を入れます。

角印
角印の画像

会社設立後の領収書・請求書の発行などの日常的な業務で使用する印鑑です。
個人の印鑑に例えて言うなら認印のような存在ですので、必ずしもつくる必要はありませんが、代表印は非常に重要な印鑑ですので、社長が管理するのが好ましいといえます。その為にも日常業務専用に使う角印を用意していた方が便利です。

会社実印と違って大きさ制限は有りませんが、一般的には2センチ角が多いようです。基本的に社名のみ記載されます。

←「」前の記事へ 

メールでのお問い合わせ

メール受付は365日24時間

電話でのお問い合わせ
054-368-4107
電話受付:平日9:00~19:00

Copyright(c) 2011 行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
WBS produced by Sakura Legal Office 相互リンク